Porsche Cayenne 3.6

2021/07/19 11:40:00

 

今回の「お宝」ポルシェ中興の祖と呼べるSUVモデルカイエン。数度のモデルチェンジを繰り返すも、その人気は衰えず。実際、パット見で世代を見分けられるのはオーナー位かも知れません。そして、ご覧頂きたい!紹介車両は新車から何年経過しているでしょう?更に、償却額はいか程でしょう?以前、ある中古車専業店のオヤジとの話で云われた言葉を思い出した。「このクルマね、新車で1千万円したものが、5年経過して 1/3 の300万円だよ!何と、700万円も償却している。一方、5年落ちの中古車なら300万円で買えるし2〜3年乗っても0円には成らない。700万円に比べ悔しくないでしょう!そして、最近の輸入車は信頼性高いから安心して乗れる」この言葉を聞いて、ご尤も!と答えたのを思い出す。我々が提唱してきた「アラフォー認定中古車」今、注目を浴びる時なのです。新車よりケア保護されていた下取車は「お宝」と呼んで良いと思います。さて、ポルシェ認定中古車に「松」「竹」「梅」が有るとすれば間違いなく「松」を供給しているポルシェセンター名古屋 認定中古車センターさんのアラフォー認定中古車 カイエン「松」をご覧あれ!

JAGUAR I-PACE EV 400PS SE AWD

2021/07/15 13:30:00

今回の「お宝」2025年に、全モデルのEV化を発表している英国のスポーツカーメーカージャガーが丹精込めて造り上げた純電気自動車を紹介したい。ネット上の試乗コメントでは賞賛と価格についてがほとんどである。要は、素晴らしいクルマだがチョットお高いと言うものだ。個人的には予想以上に早い電気自動車時代に先駆けて先行投資(コスト度外視)で造ったジャガー渾身のEVと思っている。何せ、驚かされるのはデザインと性能面だろう。セダン、クーペ、SUVにも見える。更に、電気自動車でありながら水の中を走れることだ。(規定水位あり)誰が、電気自動車で水に入ろうと思いますか?昨今の豪雨被害を見れば、未来電気自動車の持つべき能力を教えてくれているかも知れない。すると「最善か無か」最善な物を造ったらこの価格になりました!昔のベンツが謳っていたクルマ造りの基本にたどり着いた。良い物は価格で判断しない。そう、I-PACEは ジャガーが電気自動車時代到来に備え「最善の電気自動車」として生みだした作品なのだろう。紹介車両は「青山スタイル」を提唱するジャガー・ランドローバー青山さんが「青山スタイル」コンセプトで特別発注した展示車になります。認定中古車としてデビューいたしました。詳細は以下に、

Mercedes-Benz E350 BLUETEC W212後期

2021/06/27 17:29:47

 

今回の「お宝」自動車文化が成熟すると起きる現象のひとつに新車の台替えサイクルが伸びます。背景にはプロダクツの信頼性と長期のファイナンスプログラムがあげられます。それは台替え時の償却額ショックを和らげる「使った分だけ払う」感覚の残価設定プログラムなどの利用率から察することが出来ます。さて、じわじわと値上がりを続ける輸入車。最近では、そう簡単に買い替え出来るものではありません。余りにも華美になりすぎていないか?クラスレスな価格がクルマ選びの迷いを誘導しているのではと思えて成らない。「見せる道具」から「使う道具」として有用なクルマ選びを推奨する我々は、従来から新車も中古車も正規ディーラーで買おう。そして、1次償却された純中古車である初年度登録から4年以上、走行40,000キロ以上の「アラフォー認定中古車」を強く推奨して来ました。コロナ禍を契機に大きく舵を切った輸入車業界。未使用車、デモカーと合法的な値引き販売から、本来の中古車ビジネスが出来る環境になっています。その例が「お宝」初年度登録から8年、走行29.000キロのE350ブルーテックが認定中古車として販売されています。正規ディーラーで8年落ちの中古車が保証付で買えることが起き始めています。これこそ「お宝」と呼んで良いでしょう。

BMW i3

2021/05/26 19:10:54

 

クラシックレンジローバー

2021/05/06 18:48:39

本日はジャガー・ランドローバー三島のクラシックレンジローバーをご紹介します。